これだけ押さえれば大丈夫!ロゴを作成のポイント5選

こんにちは!今回は企業や団体をあらわす顔ともいえるロゴについての記事です。

もしかしたらロゴなんて別に必要ないとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが

ロゴは企業や団体の認知度アップや、覚えてもらうには是非用意したいところです。

皆さんが思い浮かべる代表的なロゴはどんなものでしょうか。

スポーツ用品のブランドのロゴなんかは特徴的で、製品にロゴが入ってるかどうかは重要ですよね。

このように優れたロゴはロゴ自体にも価値があるといっていいでしょう。

そこで今回はロゴを作成する上で押さえるべきポイントをご紹介します!

 

1.コンセプトを用意する

ロゴはその企業や団体を表す情報をマークや文字に凝縮して作ります。

さらになぜその形を選んだのか、何を表して伝えたいのかというコンセプトが込められていないと、ロゴもありきたりな物になってしまうでしょう。

しっかり伝えたいメッセージを用意して、またそのメッセージを伝えたい人(ターゲット)は誰なのかという点まで意識してロゴの候補を決めていきましょう。

 

2.シンプルにする

ロゴは可能な限り、シンプルかつ記憶に残るものにしましょう。

ロゴが複雑すぎても、ターゲットの記憶には残らないでしょう。

現に今あなたがすぐ思い受かぶロゴも、シンプルなロゴが多いと思います。

 

 

3.カラーにもこだわる

カラー

企業にはその企業を表すカラーがあるはずです。それは企業の文化や理念、目指している物といったものから決めれるはずです。

身近な例でいえばメガバンク3社の赤青緑のそれぞれの色もそれぞれの理念や顧客に与えたいイメージを持っています。

ライバル企業がどんな色を使っているのかも調べてみて参考にしても良いでしょう。

色以外でもこだわるポイントはありますが、ロゴを構成する色にも意識しましょう。

 

 

4.フォントで差を付ける

アットレレカのロゴ

ロゴの構成要素として社名が入るケースはほとんどだと思います。同じような社名でもフォントによって差をつける事ができます。

また通常漢字の社名をアルファベットで表記してもインパクトがあるかもしれません。

しかし既存のフォントは権利で保護されているため、既存のフォントの商用利用には気を付けましょう。

 

 

5.モノクロでも判別できるロゴを目指す

アットレレカの白黒ロゴ

ポイント3で色にこだわると書いてたのですが、ロゴは様々なシチュエーションで使用される事を想定しましょう。

モノクロでもシルエットを見ればどこのロゴか分かるようなロゴを目指しましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?今回ご紹介したポイントはデザイナーさんにロゴ作成を依頼する際にも使えるポイントです。

ロゴ作成を依頼する場合も予め、こういったイメージで作って欲しいと伝えると思い通りのロゴが仕上がると思います。

ご自身で作成される場合は、とりあえず候補のロゴをたくさん作成して最も良いと思ったものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日付:2015/12/25 16:36 カテゴリ: デザイン・印刷知識