意外と知らないiPhoneカメラの撮影テクニック

iPhoneで写真を上手く撮影するコツ知りたくないですか!?

こんにちは!@レレカです。

自撮り棒が流行ったり、最近では一眼レフカメラを持ち歩く「カメラ女子」や某番組で「カメラ大好き芸人」が取り上げられるなどカメラ関連が取り上げられることが多くなったように思います。

また、最近のスマートフォンに高解像度のカメラが内蔵されるなど気軽に写真を撮影する環境が整ってきているようにも感じます。

そこで今回は、「写真を上手く撮りたい!!!」と思っている方にそのコツをご紹介するとともに、実際に筆者もその方法を活用して撮影したいと思います。身近なスマートフォン(iPhone)で上手く撮影する方法をピックアップします!(今回の機種は、iPhone5sなのでご了承ください。)

①撮影の際に構図を考える

まず「三分割構図」について紹介したいと思います。

撮影画面を9分割した際に、その9分割を意識して撮影するようにします。

分割された交点(分割点)に被写体を合わせたり、被写体と縦線が重なるなグリッド(格子)を意識して撮影します。

写真(格子)

もちろんiPhoneにグリッドの機能はあります。

もしかしたら、設定がされていても特別に意識したことがない人が多いと思います。

写真(iPhone)

②AE/AF機能?なにそれ?

次にAE/AF機能を紹介したいと思います。

iPhoneにAE/AF機能があることをご存知でしたでしょうか?

意外と知られていないのですが、iPhoneにAE/AFという機能があります!

簡単に説明すると….

まずAEとは、「Automatic Exposure」の略称で「自動露出」という意味です。

適切な明るさとなるように自動的に調節される機能です。

明るい場所でも暗い写真や、暗い場所で明るい写真を撮影することが可能となります。

次にAFとは、「Automatic Focus」の略称で「自動焦点」の意味です。

どこに焦点を当てるのかを設定できます。

iPhoneのAE/AF機能は、撮影画面を長押しすることで設定することができます。

もう一度画面をタッチすれば、AE/AF機能は解除されます。

↓以下のiPhone画面のように、焦点にしたい部分を長押しするとAE/AF機能が起動します。「AE/AFロック」が起動したサイン!!!

写真2(iPhone)

実際にAE/AF機能を使い、また3分割構図を意識して写真を撮影してみました。

 

写真(ペンギン格子)            写真(ペンギン)

左下の交点にペンギンの中心が来るように撮影してみました。また、ペンギンにAE/AFを合わせているので、背景はボヤけるようにしています。

こうすることで、ペンギンの存在感が際立ってると思いませんか?

 

近所のマンションも取ってみました。マンションに対して水平に構図を撮ることで、きれいに見えませんか?またAE/AFをマンションに合わせたので、マンションの光がくっきり映ってると思います。

月をグリッドの交点(分割点)に合わせることでバランスをとっています。

AE/AFを使うと夜景やイルミネーションをきれいに写すことができます。

写真(夜景)

 

照明にAE/AFを合わせた場合と、被写体のペンギンにAE/AF機能を合わせた場合を比較してみました。↓

 

syasinn        写真(ペンギン明るい)

同じ構図で撮影としても、どこにAE/AFを合わせるかで明るさ・暗さにとても影響します。

 

③最後に

構図次第で同じ被写体を写しても違う印象を与えることができます。

またグリッドに対して垂直・水平を意識するだけでも被写体をきれいに見せられることができます。撮影する際の基本として、3分割構造を意識してみてください。

iPhoneには、グリッド設定があるのでとても簡単に構図を意識することができます。

それに加えて、AE/AF機能もあるので焦点や明るさを意識して撮影することもできます。

この機会に使用してみてください。iPhoneでの写真撮影がもっと楽しくなると思いますよ

 

日付:2015/11/05 14:01 カテゴリ: その他