解像度(かいぞうど)

画像の密度(鮮明さ)を示す数値。
単位は一般的に
・dpi(dots per inch=1インチ以内にいくつドットが入るか)
・ppi(pixels per inch=1インチ以内にいくつピクセルが入るか)
・lpi(line per inch=1インチ以内にいくつ網点が入るか)
があり、印刷物においてdpiとppiはほぼ同じ意味で使われる。
適切な画像の解像度は出力線数の約2倍であるため、一般的なカラー印刷物の場合、出力線数:175線の2倍の350dpiになる。
グレースケールの場合は600dpi、モノクロ2階調の場合は1200dpiが適正な解像度。
それより数値が低いと、画像が目に見えて粗くなっていくため注意が必要。
必要以上に画像解像度を高くしても、印刷時の出力線数を高く出来なければ品質は向上せず、ファイルサイズだけが無駄に大きくなる

日付:2017/07/27 16:33 カテゴリ: